キシキシしないシャンプー【洗髪後にサラサラ】

よく、ノンシリコンシャンプーを使ったり、オーガニック系のシャンプーを使うと、洗った後に髪がキシむという方がいます。
そのため、ノンシリコンやオーガニック系のシャンプーは質が悪いと思ってしまう方も多いようですが、これはシャンプーのせいでキシんでいるのではありません。
ほとんどの方は、こういったシャンプーを使う前までは、シリコンが入っているシャンプーを使用しています。
シリコンというのは、人工的に作られた合成成分によって髪に皮膜を作るものなので、髪の毛のキューティクルがどのような状態でも、洗い上がりにキシむことはないのです。

 

ノンシリコンなどは皮膜を作らないために、洗い上がりがキシんでしまうのですが、これは本来髪を保護しているキューティクルの状態が悪化しているからです。
つまり自分の髪の毛の本当の状態は、キューティクルが乱れてしまっているので、キシキシしてしまうのですね。
ノンシリコンシャンプーに使われる洗浄成分はアミノ酸系のものが主流になっていますが、これは洗浄力がマイルドなので、一度洗っただけでコーティング剤がすべて落ちるということはありません。
ですが、もともとキューティクルの状態が悪化してケラチンが流れ出やすい状態になっているため、優しい洗浄力でも髪がキシんでしまいます。

 

ここで注意したいのが、キシんだからといってノンシリコンが悪いと思いこみ、またシリコン入りシャンプーに戻ってしまうことです。
シリコンは一時的に髪をコーティングしてなめらかにしてくれますが、毎回使わなければ効果は持続しません。
これを続けていると、キューティクルの状態は改善されず、栄養がどんどん流出して結果的に髪を傷めてしまいます。
髪がキシまずさらさらのヘアを目指すなら、優しく洗い上げるアミノ酸系のノンシリコンシャンプーを使いましょう。
また、単にノンシリコンというのではなく、シリコンの代わりに髪を保護するオイル系の成分が配合されているものを選ぶのがポイントです。
こういったシャンプーなら洗髪後にひどくキシむこともなく、使い続ければキューティクルも整うので、いずれはサラサラで健康な髪の毛を復活させることができます。

 

 

 

 

http://シャンプー完全ガイド.jp/